期間短縮型?返済額軽減型?繰り上げ返済それぞれの特徴

繰り上げ返済には2つの方法がある

住宅ローンを組むと毎月ごとに返済のタイミングが来ますが、繰り上げ返済というのは、そのタイミングとは別の時に返済を行うことです。
通常、月々の返済額は元金に利息をプラスした分で計算されますが、繰り上げ返済を行うと金額は全て元金に充当されます。ローンの残額を減らすことが出来るので、そこに生じる利息の分だけ負担を減らすことが出来ます。
そして、繰り上げ返済にも方法が2つあります。期間短縮型と返済額軽減型です。
期間短縮型は、繰り上げ返済した分だけ返済期間を短くする方法です。その後の返済額には変更がありませんが、期間が短くなる分、返済総額も軽減されます。
返済額軽減型は、繰り上げ返済した分だけ月々の返済額を低く変更することです。返済期間は変わりません。

どちらを選ぶ?それぞれの特徴

では、期間短縮型と返済額軽減型ではどちらを選べばよいのでしょうか?期間短縮型と返済額軽減型で、同じ時期に同じ額だけ繰り上げ返済をしたと仮定して計算すると、期間短縮型の方が返済総額の軽減効果は大きくなります。
しかし、返済額軽減型のメリットとして、その後の期間も継続して返済額を低く抑えることが出来るという事があります。例えば、夫婦共働きだったのが妻が仕事を辞めたため収入が減った、子供が私立の学校に入った等、生活に大きな変化が生じて家計の見直しを迫られた時には、返済額軽減型の方が無理なく安心して返済を続けることが出来るかもしれません。
どちらを選ぶ場合も忘れてはならないのが、家計に余裕を見て返済計画を立てるということです。余剰を全て繰り上げ返済に回しては、何か突発的な出費があった時に困ることになります。また、忘れられがちですが、繰り上げ返済にも手数料がかかるということも覚えておきましょう。