負担にならない住宅ローンの借り入れ額は?

年収に対して25パーセント以内が目安

賃貸物件を利用するとき、賃料をどうするか決めないといけません。働いている人であれば給料の中から賃料を払う必要があります。給料以上の賃料だともちろん払えません。以内と言ってもその他の生活費もあります。だいたい給料の何割ぐらいにすべきとの目安が示されています。住宅を購入する時には住宅ローンの支払いがあります。住宅費用はかなりの金額になりますが、それを銀行からの借り入れで賄います。毎月の返済額は、借入額の一部と残額の利息になり、その額どれくらいなら適切かを知っておくと良いでしょう。一般的に言われているのは年収に対して25パーセント程度とされます。毎月の給料とボーナスを含めた年収に対して、年間の返済額を出します。それを12で割れば目安が出ます。

物件の値段の340分の1が毎月の返済額

新たに住宅を購入しようとするとき、新聞の折り込みチラシなどを見てモデルルームなどの見学に行くかもしれません。ただ見るだけと値段を確認せずに行くときもあるでしょう。いざ行くと住みたい気持ちが高まり、値段に関係なく話を進めてしまうときもあります。契約をしてから払うのに困る金額だったでは将来返済できなくなる可能性があります。そこで、大まかな目安の計算方法を知っておきましょう。返済期間35年、金利が1.2パーセントの固定金利を利用したとしたら、購入金額の340分の1が毎月の返済額になります。3千万円であれば毎月8.8万円ぐらい、4千万円なら毎月11.7万円ぐらいになります。金利や返済期間が変わればもちろんこの計算式はあてはまりませんが、大まかな目安を知るのにいい計算式かもしれません。